Dropboxのアップロード速度が遅い!

「Dropboxを使用してファイルをアップロードすると、かなり時間がかかります。何が起こっているのですか?」

「Dropboxを使っていますが、写真をアップロードする際、極端に遅いのですが仕方無いのでしょうか?300KB程度の画像をアップするのに2分以上かかっています。途中でエラーする事もあり3回目にしてようやくアップされる事もあります。何か方法ありますか?」

最近、フォーラムでこう言ったDropboxによるファイルのアップロードが遅いという質問を見つけました。Dropboxの普及に従って、ファイルをDropboxにアップロードしている操作も多くなっています。これらの質問に答えて、Dropboxのアップロード速度が遅い問題を解決するための3つの方法をまとめました。しかし、問題を解決する前に、まずDropbox とDropboxによるファイルのアップロードが遅くなる理由を理解する必要があります。

Dropboxとは?

Dropbox
Dropbox

Dropbox(ドロップボックス)は、2008年にリリースされ、世界で6億人以上が使用しており、写真やエクセルファイルの保管と共有に誇るクラウドサービスです。Dropboxはユーザーに2GBの無料ストレージスしか提供しませんが、有料のPlusプランでは1TBのストレージを提供しています。

Dropboxは数多くののクラウドディスクの中でもかなり人気があり、ほとんどの人が使用しています。それほどの人気がある理由は、Dropboxには多数のファイルを保存するという絶対的な利点があります。Dropboxを使用することで、ユーザーはどこでもいつでもデータにアクセスでき、ファイルを保存したり、同期したり、共有したりすることができます。また、Dropboxは、複数のデバイスで同時に利用でき、誰とでもファイルを簡単に共有でき、利便性が良いです。

しかし、世の中のものはすべて二面性があります。長所もあれば短所もあります。Dropboxはユーザーに便利さを提供する一方、アップロード速度が遅い、あるいは、Dropboxのアップロードができないなどの問題もしょっちゅうあります。ファイルが小さい場合は、数秒で完了する場合もありますが、大きなファイルをアップロードする場合は、アップロード時間は10〜20分かかる場合があります。では、Dropboxのアップロード速度が遅くなる理由は何ですか?どう解決しますか?次にどう避ければよいですか?今回の記事では、これらの問題を一気に解決します。お役に立てれば幸いです。

Dropboxのアップロード速度が遅い理由

Dropboxのアップロードが遅い
Dropboxのアップロードが遅い

Dropboxにファイルをアップロードするのに長い時間がかかるため、特に何かを達成するためにファイルをアップロードする必要がある場合は、煩わしいと感じます。Dropboxのアップロード速度が遅くなるのはなぜですか?Dropboxのアップロードが遅くなる一般的な理由は次のとおりです。

  • Dropboxの帯域幅は制限されている。Dropboxは、インターネット接続への干渉を避けるためにファイルのアップロード速度を制限します。Dropboxの制限速度は、アップロード速度全体の約75%です。
  • インターネット接続の問題。インターネット接続に問題がある場合は、Dropboxのファイルアップロード速度も遅くなります。
  • 複数のアプリケーションを同時に実行している。Dropboxがファイルをアップロードしていて、他のアプリケーションが同時に実行されている場合、Dropboxがファイルをアップロードする速度が遅くなります。

Dropboxのアップロードが遅い問題を解決する方法

Dropboxのアップロード速度が遅い理由を理解した後、Dropboxのアップロードが遅い問題を解決するためにどのような方法を使用できますか?以下の内容をお読みください。お手伝いできるかもしれません。

Dropboxの帯域幅設定を変更する

1.Dropboxアプリをダウンロードしてサインインします。

2.ポップアップリストでDropboxのアバターをクリックし、「基本設定」を選択します。

基本設定
基本設定

3.次に、「バンド幅」をクリックし、ダウンロードとアップロードの速度を「制限しない」に設定して、「OK」をクリックします。

制限しない
制限しない

「バンド幅」での選択モードについて説明する:

  • Dropboxに可能な限り最大の帯域幅を許可し、Dropboxデスクトップアプリの速度をできるだけ向上したい場合は、「制限しない」を選択します。
  • Dropboxが選択することを許可する場合は、「自動制限」を選択します。(これはアップロード速度でのみ利用可能です)。
  • Dropboxのアップロード速度が遅くなる可能性があっても、Dropbox以外のアプリケーションを高速化したい場合は、「制限速度」を選択し、Dropboxデスクトップアプリで使用する帯域幅を何KB/s(キロバイト/秒)にするかを選択します。

インターネット接続を確認する

インターネット接続に問題がある場合は、Dropboxファイルのアップロードもできなくなります。この種の問題を解決するには、次の2つの状況があります。

1.ネットワークが無線ネットワークの場合

  • ルーターが受信した信号が不安定な場合は、再起動してください。
  • ルーターから離れすぎる可能性があるため、ルーターに十分に近づいていることを確認する必要があります。

2.ネットワークが有線ネットワークの場合

  • ネットワークケーブルがコンピュータと接触していない場合は、再接続するだけです。
  • ネットワークケーブルが破損している場合は、新しいものと交換してください。

実行中の他のアプリケーションを閉じる

他のアプリケーションを実行しながら、Dropboxを使用してファイルをアップロードすると、Dropboxのアップロード速度が遅くなります。この問題を解決するには、Dropboxにファイルをアップロードするときに他のアプリケーションを閉じることをお勧めします。

Dropboxへのアップロードが遅い問題を避ける方法

上記の3つの方法を試しても、Dropboxのアップロード速度が改善されない場合は、サードパーティのツールを使用して、Dropboxにファイルをアップロードしたほうが良いです。最も推奨されるサードパーティのツールは、最高のマルチクラウド管理ツール-MultCloudです。

MultCloud
MultCloud

MultCloudは、複数のクラウドストレージを1箇所で統合管理でき、クラウド間でデータの転送、同期などを行えるサービスです。複数のDropboxアカウントでも、MultCloudに追加さえすれば、全てのデータを簡単に管理できます。もちろんアップロードはできます。

なぜMultCloudを推薦するかはいくつかの理由があります。

  • 快適:MultCloudは、クラウドサービス間でファイルを転送したり、同期することができるだけでなく、アップロード、ダウンロード、切り取り、コピー、貼り付け、移動、削除、再命名などのオンラインファイル管理もできます。
  • 安全:MultCloudはデータの転送には暗号化され、データ通信で利用したデータはキャッシュしません。クラウドサービスへの認証にも「OAuth認証」を使用するので、パスワード情報を一切保管しません。
  • 高速:MultCloudには、リスクが高くミッションクリティカルな移行を簡単かつシームレスに処理するための堅牢なインフラストラクチャと技術機能があるため、転送速度が保証されます。
  • 使いやすい:シンプルで直感的なユーザーフレンドリーなインターフェースにより、数回クリックするだけですべてのクラウドドライブを簡単かつ効率的に管理できます。
  • 利便性:MultCloudはバックグラウンドでタスクを実行しているため、プロセスが開始されたら、ページを閉じたり、PCを閉じたりしても構いません。
  • 対応できるクラウドが多い:MultCloudは30個以上のクラウドストレージ(OneDrive、Flickr、Googlドライブ、G Suite、DropboxやDropbox for Businessなど)に対応可能です。

では、今からDropboxへのアップロードが遅い問題を避け、サードパーティツールMultCloudを利用して、ファイルをDropboxにアップロードする方法を紹介します。

ステップ1.まずは、MultCloudのアカウントを作成して、登録します。

MultCloud
アカウントを作成

ヒント:「仮アカウントで試用」オプションを選択して、メールアドレスを入力せずに一時的なアカウントを作成することができます。または、Googleアカウント、Facebookアカウントで直接ログインすることもできます。

ステップ2.MultCloudインターフェースの左上側にある「クラウドを追加」ボタンをクリックします。Dropboxのアイコン選択して、Dropboxアカウントでサインインします。お持ちのDropboxアカウントをすべて追加できます。

Dropboxを追加
Dropboxを追加

注:MultCloudに一度に追加できるクラウドアカウントは1つだけです。複数のアカウントを追加するには、上記の操作を繰り返してください。アカウントを追加完了したら、MultCloudのインターフェース画面の左側で表示されます。

ステップ3.Dropboxを開き、上部のインターフェースで「ファイルをアップロード」クリックし、コンピューター上でターゲットファイルを選択します。

ファイルをDropboxにアップロード
ファイルをDropboxにアップロード

ヒント:Dropboxを開き、ファイルをDropboxに直接ドラッグできます。

ステップ4.「開く」ボタンをクリックしたら、をクリックしてアップロードを開始します。ページの右下隅にファイルのアップロードの進捗状況が表示されます。

進捗状況
進捗状況

ヒント:MultCloudはファイルやフォルダをアップロードできるだけではなく、トレントファイルやURLもアップロードできます。「リモートアップロード」機能を利用すれば、トレントファイルとURLを簡単にDropboxにアップロードできます。

結論

最後まで、この記事を読んでいただきありがとうございます。Dropboxのアップロードが遅い理由を説明し、対応する解決策も示しています。これらの方法がお役に立てれば幸いです。

MultCloudには「アップロード」機能以外、「クラウド転送」、「クラウド同期」、「共有」などの機能も備わっております。必要なクラウドストレージをMultCloudに追加するだけでこれらの操作を実行できます。例えば、「クラウド同期」機能を利用して、DropboxをGoogleドライブと簡単に同期できます。より詳しい情報はMultCloudの機能ページで確認できます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能