Backblazeについて

Backblazeは新しいクラウドサービスで、ローカルファイルをクラウドにバックアップできるだけでなく、Dropbox、Googleドライブ、OneDriveなどクラウドストレージ上のデータをバックアップすることもできます。他のクラウド製品と同じ、Backblazeも無料アカウントとプレミアムアカウントに分けられます。注意を払う必要があるもう1つのこと、多くの人が1つ以上のBackblazeアカウントを持ちます。それらをどのように管理しますか?それらの間でファイルを転送できますか?

移行アシスタントを使用してBackblazeを処理できます。現在、インターネットで調べたら、移行アシスタントを使用する前にBackblazeを設定する方法は1番目の検索結果に現れます。その記事で移行アシスタントはソフトウェアの名前です。しかし、私たちが望むのは移行プログラムです。そして、複数のBackblazeを1つの場所で管理、移行できます。これも素晴らしいBackblaze移行アシスタント - MultCloudを推奨する理由です。

MultCloudを使ってBackblazeを移行する方法

最初、MultCloudを使用する方法を知っているべきです。MultCloudはウェブベースのアプリであるので、ウェブサイトへ訪問する必要があります。ウェブサイトのアカウントを作成してMultCloudにログインします。MultCloudにアクセスする他の方法は「ゲストアクセス」をクリックすることです。MultCloudを常に使用するつもりなら、登録したほうがいいです。いいスタートがあれば、後の管理は簡単になります。

アカウントを作成
アカウントを作成

MultCloudにログインした後、Backblazeアカウントを1つずつ追加します。複数のBackblazeアカウントが追加されると、Backblaze移行タスクは完了します。

Backblazeを追加
Backblazeを追加
Backblazeを追加
Backblaze情報を入力

Backblazeを追加する時、以上の情報を入力する必要があります:表示名称、バケット名称、アカウントID、アプリケーションキー。MultCloudはアカウント無制限のBackblaze間で移行できます。それらの表示名は異なる必要があります。ちなみに、現在MultCloudは30種類のクラウドに対応します:Dropbox、Dropbox for Business、Google Drive、Googke Drive for G suite、Box、Amazon S3、Amazon Cloud Drive、SugarSync、Alfresco、hubiC、Backblaze、Evernote、OneDrive、OneDrive for Business、MEGA、Egnyte、pCloud、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、HiDrive、MySQL、Flickr、MediaFire、ownCloud、ADrive、BaiDu、WebDav、FTP/SFTP。将来はもっと多くなるでしょう。

追加できるクラウド
追加できるクラウド

MultCloudについてもっと詳しく

MultCloudはBackblaze移行アシスタントだけでなく、その名前が表示するように複数のクラウドのマネージャーでもあります。クラウドExplorerインターフェイスでの操作はWindows Explorerに似ています:コピー、貼り付け、アップロード、ダウンロード、再命名、切り取り、プレビューなど。クラウド転送とクラウド同期のインターフェースで、複雑でプロフェッショナルな転送や同期タスクを別々に実行することができます。

MultCloud Logo

クラウド間でファイルを素早く転送、同期またはバックアップ

無料登録

100%安全

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能