フリーウェアでMediaFireからEvernoteにファイルを転送する方法

個人ファイル、写真、ビデオや商業情報を保存するためにクラウドドライブを予備系のストレージデバイスとして使用するのは珍しいことではありません。通常は、保存されたデータのセキュリティを保証するために複数のクラウドアカウントを持っていることはよくあります。MediaFireは他の多くのクラウドと同じ、ユーザーに大容量ストレージを無料で提供します。Evernoteはクロスプラットフォームとしてノートを取ったり、整理したり、アーカイブしたりすることを提供します。MediaFireにあるファイルをEvernoteに転送すると、多くのプラットフォームからファイルに簡単にアクセスできるようになります。

MediaFireからEvernoteにファイルを転送するのは、OneDriveからBoxに転送するのと同じくらい簡単です。アシスタントツールは転送中にある重要な部分です。MultCloudは無料のクラウドサービスマネージャーであり、数回のクリックでMediaFireからEvernoteへの転送をサポートします。MultCloudは標準OAuthシステムに基づいたアプリケーションですから、アカウントのセキュリティを保証することができます。MediaFireからEvernoteにファイルを転送する方法を学ぶには、まず登録してください。

mediafire and evernote
MediaFireとEvernote
transfer mediafire to evernote
MediaFireからEvernoteにファイルを転送する

*アップデート:MultCloudは特別機能Sync Cloudサービスを開発しました。クラウドストレージのタスクを簡単に行うために使用できます。8つの通常の同期方法を提供します。


上記のクラウドの他に、MultCloudはまた以下のクラウドをサポートしてます:

Dropbox Dropbox for Business OneDrive OneDrive for Business Google Drive WebDav SugarSync FTP/SFTP CloudMe Cubby MyDrive WEB.DE Yandex HiDrive BaiDu MediaFire ownCloud Alfresco ADrive Flickr HubiC MySQL Evernote MEGA Box Amazon S3 Egnyte pCloud