• 販売に関するFAQ
  • 技術に関するFAQ

クレジットカード払いが使えますか?

はい、支払いにクレジットカードは使えます。

ペイパルアカウントにクレジットカードを追加しませんが、残高があります。プレミアムを購読できますか?

はい、プレミアムプランの支払いにペイパルの残高を最優先にするように設定できます。

どのように月額プランから年額プランに切り替えますか?

2つの方法があります。
1. まずは月額プランをキャンセルします。無料アカウントになった後に年額プランを購読すればいいです。
2. プランを変更するために[email protected]まで連絡してください。

どのように定期購読を解約しますか?

右上にある「データ転送量の購入」ボタン→「特権の詳細」をクリックして購読を解除します。

領収書がありますか?

今はありません。注文についての質問はクレバーブリッジ([email protected])まで問い合わせてください。

学生のために特別割引を提供しますか?

申し訳ございませんが、今のところこのような割引はありません。

体験のために1ヶ月間だけ、購読する事は可能でしょうか?

はい、MultCloudの月額プランを購読できます。

MultCloudのリセラープログラムまたはボリュームディスカウントプログラムがありますか?

申し訳ございませんが、今のところリセラープログラムもボリュームディスカウントプログラムも提供していません。

どのように有料アカウントを無料アカウントに戻しますか?

まずは、定期購読を解除します。現在の定期購読の有効期限が切れた後に有料アカウントは無料アカウントに戻ります。

照会番号はどこかに記載がありますか?

[email protected]から受信したメールに照会番号が記載されています。

1ヶ月間、3ヶ月間、または1年間だけの購読は必要な場合、購読を解除しなければなりませんか?

はい、すぐに定期購読をキャンセルする必要があります。そうしないと、継続決済は自動的に更新されます。

どのように支払い方法を変更しますか?

支払い方法の変更につてはクレバーブリッジ([email protected])まで連絡してください。

一般的な質問

MultCloudは無料ですか?

MultCloudには無料版と有料版があります。無料アカウントの場合、クラウド間でファイルを転送するために毎月30GBのデータ転送量だけ使えます。しかし、より多くの機能やデータ転送量を使用したい場合、プレミアムプランを申し込んでください。

MultCloudはクラウドストレージサービスですか?

MultCloudは複数のクラウドストレージを一括管理できるアプリであり、クラウド管理チャネルみたいなものです。ストレージスペースがありません。複数のクラウドを持っている場合、それらをMultCloudに追加してクラウド間でデータを管理、転送することができます。

MultCloudはデータ転送量に制限がありますか?

無料アカウントである場合、毎月30GBのデータ転送量を使用できますが、プレミアムプランを購読した場合、より多くのデータ転送量を使用できます。

30GBのデータ転送量だけ使用可能ですか?

いいえ、毎月30GBのデータ転送量があります。しかし、データ転送量がなくなる場合、データを転送できません。ファイルを続けて転送したい場合、アカウントを有料会員にアップグレードする必要があります。

MultCloudは使用に安全ですか?

もちろん、MultCloudは使用に安全です。それはアカウントとデータの安全性を確保するために3つの方法を使用します。
1. 256bitの暗号化はデータ転送に使用されます。
2. MultCloudの認証システムはOAuthに基づきます。それは標準的な認証フレームワークで、ユーザー名とパスワードを要求せずにサードパーティ製のアプリケーションにクラウドサービスへの接続を構築させることができます。
3. データとファイルはMultCloudサーバーに保存されません。それらはまた元のクラウドストレージに保持されています。MultCloudはユーザーの許可だけでクラウドストレージのアカウントにアクセスできます。

MultCloudにはモバイルデバイス用のアプリがありますか?

今ならMultCloudにはモバイルデバイス用のアプリがありません。

MultCloudは転送できるデータ量には制限がありますか?

MultCloudにはストレージスペースがないため、そういう制限がありません。転送できるデータ量はお使いのクラウドで決まります。

アカウントの管理

登録後にアクティベーションメールを受け取っていません?

まずはスパムフォルダをチェックするか確認メールをもう一度送信してください。またメールを受信できない場合、[email protected]まで連絡してください。ヒント:アクティベーションをスキップしてアカウントにログインすることもできます。

どのようにMultCloudアカウントを削除しますか?

自分でそれを削除できます。MultCloudアカウントにログインし、右上にある「ユーザー名」→「設定」をクリックします。そして「オプション」の「アカウントを削除」を選択します。

どのように定期購読を解約しますか?

MultCloudにログインしてから、右上にある「データ転送量の購入」ボタン→「特権の詳細」をクリックして購読を解除します。

購読後にまた無料アカウントと表示されます。

間違ったアカウントにログインするか確認してください。例えば、GoogleまたはFacebookでMultCloudにログインして、有料サービスを購読しましたが、メールアドレスで登録するアカウントにログインしてチェックします。それらは2つのアカウントです。

どのようにパスワードを変更しますか?

1. 右上にある「ユーザー名」→「設定」をクリックします。
2. 「一般」タブで新しいパスワードを入力して確認します。
3. 「保存」ボタンをクリックします。

パスワードを忘れた時にどうすればいいですか?

1. ログインをクリックして「パスワードを忘れた場合」ボタンをクリックします。
2. メールアドレスを入力して「リセットメッセージを送信」をクリックします。
3. 受信したメールに貼り付けたリンクをクリックしてパスワードを変更します。
ヒント:数分後電子メールが届かない場合、スパムフォルダをチェックしてください。またパスワードをリセットできなかった場合、[email protected]まで連絡してください。

GoogleメールアドレスでMultCloudにログインできません?

「Google+」でログインするMultCloudアカウントは、同じGoogleメールアドレスで登録するMultCloudアカウントと違っています。そのGoogleメールアドレスでMultCloudを登録しないと、GoogleメールアドレスでMultCloudにログインできません。

クラウドの追加/削除

同じクラウドの複数アカウントを追加する度に同じアカウントが追加されます。

2番目のアカウントを追加する時に公式サイトで最初のアカウントからログアウトしないと、認証を取得したのはまた最初のアカウントです。公式サイトで2番目のアカウントにログインしてからMultCloudに移動してもう一度追加してください。

OneDrive for Businessの追加後、MultCloudにクラウドが表示されません。

貴社xxxは現在アプリケーションMultCloudV2をサポートしないことは原因となるかもしれません。貴社は非管理状態です。アプリケーションMultCloudV2がプロビジョニングされる前に、xxxのDNSにより検証された所有権の取得を主張する管理者が必要です。

Gsuiteの追加は「接続が拒否されました」エラーで失敗します。

アカウントはスーパー管理者であるか、APIアクセスを有効にするか確認してください。このクラウドを追加する前にまずはG Suite Marketplaceアプリケーション「MultCloud for G Suite」をインストールする必要があります。設定が正しいか(ステータスをオンにするか、データのアクセス許可を有効にするか)確認します。また正常に追加できない場合、Googleドライブのサポートに連絡してアカウントをチェックしてください。或いは、弊社のサポートチームに連絡してください。

エラー403が表示されてFTPの追加は失敗します。

お使いのブラウザを変更するかブラウザのキャッシュをクリアしてから再試行してください。

FTPの追加は「接続が予期せず閉じられました」エラーで失敗します。

1. 操作前に読み取り/書き込み権限を持つか確認してください。さもないと、MultCloudはファイルをFTPに転送できないかもしれません。
2. 操作前に十分な空き容量があるか確認してください。現在MultCloudは空き領域を計算できません。
3. 209.126.103.1/19と207.38.89.1/24をファイアウォールのホワイトリストに追加してください。

Megaの追加は「-9: Object (typically, node or user) not found」エラーで失敗します。

まずは、ブラウザのキャッシュをクリアしてから再試してください。或いは、シークレット ウィンドウを開いて操作を行います。

Megaの追加は[-26]エラーで失敗します。

まずは、Megaアカウントの2要素認証を無効にします。そして、それをMultCloudにもう一度追加します。

BackBlazeの追加は「無効なユーザー名/パスワード」エラーで失敗します。

まずは、作成されたバケットが「パブリック」であるか確認する必要があります。次に、Master Application Keyを使用する必要があります。新しいMaster Application Keyを作成してから再試行してください。keyIDとApplication Keyをテキストにコピーする時、スペースを入れないでください。MultCloudのアカウントIDはMaster Application KeyのBackBlazeのkeyIDです。

MultCloudからクラウドをどのように削除しますか?

パソコンでMultCloudにログインする場合、取り除きたいクラウドを右クリックして「削除」オプションをクリックしてください。スマートフォンでMultCloudにログインする場合、取り除きたいクラウドを長押して「削除」オプションをクリックしてください。

クラウドの管理

MultCloudに追加されたクラウドを開くと、ファイルが一覧表示できません。

まずはそのクラウドをMultCloudから削除します。そして、もう一度MultCloudに追加してください。再追加しても問題が解決しない場合は、メールでご連絡ください。

MultCloudに追加されたクラウドは失敗ステータスと表示されました。

まずはそのクラウドをMultCloudから削除します。そして、もう一度MultCloudに追加してください。再追加しても問題が解決しない場合は、メールでご連絡ください。

MultCloudにクラウドの一部のフォルダは表示されません?

Googleドライブの場合、MultCloudはMy Driveだけを管理できます。共有フォルダをサポートしません。
Gsuiteの場合、現在MultCloudは共有ドライブをサポートしません。
OneDriveの場合、MultCloudは共有フォルダをサポートしません。
OneDrive for businessの場合、現在MultCloudはチームフォルダとSharePointをサポートしません。
Dropbox/Dropbox for businessの場合、MultCloudは共有フォルダをサポートしません。
Cloud meの場合、MultCloudは同期されたフォルダをサポートしません。
……
また、一般的にMultCloudは多くのクラウドのごみ箱を管理できません。

MultCloudを通してパソコンからクラウドにデータをアップロードできません?

現在MultCloudは1GB以下の単一ファイルだけをアップロードできます。フォルダの場合は、それを圧縮してから圧縮ファイルをアップロードする必要があります。

ファイルをアップロードまたはダウンロードする時にMultCloudのデータ転送量を費やしますか?

MultCloudを介して、クラウドからローカルPCにファイルをダウンロード、またはローカルPCからクラウドにファイルをアップロードする時、それはインターネットを使用するため、MultCloudのデータ転送量を使用しません。

MultCloudを通してURLからクラウドにデータをアップロードできません?

URLを開くと、ファイルのダウンロードは直接開始するか確認してください。現在MultCloudは直接ダウンロードリンクからのアップロードだけをサポートします。また、無料アカウントは5GB以下の単一ファイルだけをアップロードできます。

MultCloudはクラウドからファイル/フォルダを完全に削除できますか?

通常MultCloudによって削除されたファイル/フォルダはクラウドのごみ箱に移動されます。そのごみ箱からファイルを取り戻すことができます。

MultCloudからファイルをプレビューできますか?

一般的にMultCloudからOfficeドキュメント、テキスト、画像ファイルをプレビューできます。注:MultCloudからGoogleドキュメントをプレビューできません。

クラウドの転送/同期

「クラウド転送」と「クラウド同期」間の違いは何ですか?

クラウド転送:Onedrive上のフォルダAをGoogle Drive上のフォルダBに転送したい場合、転送前にソースパスをOneDrive/A、ターゲットパスをGoogle Drive/Bに設定する必要があります。転送後にフォルダAはGoogle Drive/B内に作成され、Google Drive/B/Aというパスとなります。これはWindows「コピー」のような機能です。
クラウド同期:Onedrive上のフォルダAをGoogle Drive上のフォルダBに同期したい場合、同期前にソースパスをOneDrive/A、ターゲットパスをGoogle Drive/Bに設定する必要があります。同期後にフォルダAの内容だけはGoogle Drive/Bパスに同期されます。
簡単に言うと、転送タスクはソースフォルダ全体を丸ごとターゲットフォルダにコピーしますが、同期タスクはソースフォルダ内のファイル/フォルダだけをターゲットフォルダにコピーします。また、クラウド同期は多くの同期方式を提供しています。

「クラウド転送」と「コピー&貼り付け」間の違いは何ですか?

フォルダを転送する場合、「クラウド転送」と「コピー&貼り付け」両方の機能を使用することがきますが、ファイルを転送する場合、クラウドエクスプローラーで「コピー&貼り付け」機能を使用する必要があります。

転送/同期機能は全てのソースデータを削除しますか?

転送タスクの場合は、ソースクラウドからターゲットクラウドへデータをコピーするだけですが、「オプション」の「転送完了後に全てのソースデータを削除します」にチェックを入れると、転送後にソースデータが削除されます。同期タスクの場合は、複数の同期方式があります。「移動同期」は同期完了後にソースディレクトリ内の全てのファイルを削除します。他の同期方式はソースデータを削除しません。

転送/同期タスクを再度実行する時に全てのファイル/フォルダを再度転送/同期しますか?

一般的に転送タスクの場合は、「ターゲットの場所にすでに含まれているファイルを直接スキップして転送しません」がデフォルトで選択されるので、同じファイルをスキップして、転送に失敗したファイルと新しいファイルだけを転送します。同期タスクの場合は、シンプル同期方式だけもそうです。

なぜ、ターゲットドライブに転送/同期されたファイルの更新日時が変わりますか?

ほとんどのクラウドのAPIは更新日時を維持する機能を提供しません。Dropbox、Google Drive、G Suiteに転送する時のみファイルの更新日時を維持します。Dropbox、Google Drive、G Suiteへの転送タスクを作成する場合は、「オプション」の「ファイルの更新日時を維持」にチェックを入れることができます。同期タスクの場合は、現在その機能をサポートしません。

最大タスク数を超えますか?

クラウド転送とクラウド同期の最大タスク数は100です。最大タスク数を超える場合は「タスクマネージャー」→「編集」をクリックして、不要になったタスクを削除することができます。

転送はバックグラウンドで継続できますか?

MultCloudはファイルをバックグラウンドで転送できます。そのため、転送タスクが開始すると、MultCloudにログインする必要がないし、お使いのページやパソコンを閉じるか、ネットワークを切断することが可能です。

なぜ転送の進行が止まりますか?

この転送または同期タスクをキャンセルしてから、もう一度実行してください。転送またはシンプル同期タスクは通常転送または同期されたファイルをスキップします。

転送速度は遅いですか?

転送速度は多くの要因(例えば、転送中のファイルのサイズ、インターネット、MultCloudなどの第三者のサービスに対するクラウドプロバイダーのAPI制限)で決まります。ファイルを移行しようと思う場合、転送機能の速度は同期機能の速度より速いため、クラウド同期機能ではなく、クラウド転送機能を使用することをお勧めします。

どれくらいのタスクを同時に実行できますか?

無料アカウントは、1つの転送タスクと1つの同期タスクを同時に実行できますが、アカウントをアップグレードすると1つの転送タスクと2つの同期タスクを同時に実行できます。

MultCloudはリアルタイム同期をサポートしますか?

MultCloudはリアルタイム同期をサポートしません。「今すぐ同期」を押すだけで、同期タスクは開始します。しかし、MultCloudはスケジュールの設定機能を持っています。指定した時間にタスクが自動的に実行できます。

MultCloudで転送/同期エラーをどのように見つけますか?

「タスクマネージャー」で失敗したタスクをチェックして「メニュー」オプションをクリックします。そして「ログビュー」を開いてエラーファイルをビューします。

転送/同期エラーについてより詳しい情報

一般エラーの解決策転送の制限を参考にしてください。